防水工事

防水工事

最近、建物内部に⾬や⽔が⼊り込むことを防いでくれる防⽔効果を持たせる必要性が⾼まってきています。
この「防⽔」は、住宅では主にベランダの床⾯で⾒ることが多いと思います。防⽔効果を持たせた⽅が良いとされる場所は、「屋上」「ベランダ」「外壁」「室内」などがあげられ、各場所ごとにそれぞれに防⽔効果を持たせる必要があります。このような多様性や耐久性に加えて、美観や、省エネ・環境に配慮した性能を兼ね備えた防⽔材が主流となってきます。アズウィンでは、新しい建築⼯法に対応し、あらゆる建物の防⽔⼯事において、お客様の要望にお応えしていきます。

FRP防⽔

金属や木材と違い、成形工場で樹脂とガラス繊維を組み合わせて材料を合成するので、強化材の割合を加減したり、樹脂の種類を選ぶことによって要求特性に応じた製品を得ることが可能なのです。また、錆びたり腐ったりしないので、通常使用であれば耐久性を長い間保持することができ、その間面倒な保守管理も殆ど必要が無いほど便利な材料なのです。万一過って破損する事があっても、割合容易に補修する事が出来るのも大きな特徴で、プラスチック系材料の中では他に類の無い、FRPだけの利点なのです。

  • FRP防⽔
    BEFORE
  • FRP防⽔
  • FRP防⽔
    AFTER

ウレタン防水

ベランダの防水はウレタン防水が主流になります。
その特徴として防水層が軽量で負担が少なく、ウレタン塗膜が複雑な形状にも容易に対応できるため、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できるところがあげられます。

  • ウレタン防水/トップコート
    BEFORE
  • ウレタン防水/トップコート
  • ウレタン防水/トップコート
    AFTER

シート防水

塩ビ系シート防水をはじめゴム系シート防水シート等、 お客様の状況に応じた各種シート防水工事を行っております。

  • シート防水
    BEFORE
  • シート防水
  • シート防水
    AFTER